幹細胞について


幹細胞とは

皮膚や血液のように、ひとつひとつの細胞の寿命が短く、絶えず入れ替わり続ける組織を保つために、失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞をわたしたちは体内に持っています。こうした能力を持つ細胞が「幹細胞」です。

幹細胞には、次の2つの能力があります。
 

1.分化能

皮膚、赤血球、血小板など、わたしたちのからだをつくるさまざまな細胞を
作り出す能力
 

2.自己複製能

自分と全く同じ能力を持った細胞に分裂することができるという能力です。


年齢別幹細胞の数


年齢別幹細胞の数


幹細胞培養液とは

幹細胞を数日間培養させた後、培養物から取り出した上澄み液のことを幹細胞培養液といいます。


幹細胞培養液について

【幹細胞の種類】

幹細胞培養液は大きく分けて、ヒト由来・植物由来・動物由来の3種類に分かれています。
 

【ヒト幹細胞培養液とは】

幹細胞自体を使わず、幹細胞を培養した後の栄養分がにじみ出た培養液を利用した再生医療。
人間の細胞の表面にはその特定の機能をスタートさせる “レセプター”というカギ穴のようなものがあり、ヒト幹細胞培養液には、その穴に合致するカギになる成分(成長因子や活性物質)が豊富に含まれ、細胞が活性化し、最も効果が期待できると考えられています。

【肌幹細胞培養液の種類】

 

■脂肪細胞培養液⇒肌の基礎をつくる

効果:表皮・真皮の生成をサポート
肌荒れ・シミ・乾燥・毛穴の開き・くすみ・しわ・ハリ・クマ
 

■線維芽細胞培養液⇒真皮をつくる

効果:真皮の生成を促す
しわ・ハリ
 

■角化細胞培養液⇒表皮をつくる

効果:表皮の生成を促す
シミ・乾燥・毛穴の開き・くすみ・小じわ・ハリ・クマ
 

■毛根細胞培養液⇒毛髪をつくる

効果:毛根幹細胞・ケラチンを生成
発毛・育毛・毛髪のハリコシ・頭皮ケア
 

■常在菌培養液⇒善玉菌をつくる

効果:善玉常在菌を増やしバリア機能を高める
肌荒れ・乾燥・毛穴の開き・くすみ・小じわ