No.6 透明感

シミにアプローチし、白くクリアな美肌へ

対象者

・たるみがちな肌
・深いシワがある方
・くすみがちな肌
 

効果

バチルス/(バラ花/ダイズ)発酵液、オウゴン根エキスともに美白作用が強いと言われています。オウゴン根エキスには、メラニンの産生を抑制する効果が強かったというデータもあります。
今あるシミ、これからできるシミにアプローチする美白処方のエッセンスです。透明感を出し、明るい肌をつくっていきます。

主要成分

No.6 透明感


バチルス/(バラ花/ダイズ)発酵液

バラ(薔薇)は、精油としてテルペンなどが美白作用、リラックス作用があります。また、色素やペプチド類、糖質や有機酸も美容効果が確認されています。しかし、これらの有効成分は食物繊維に結合しやすく、また、液胞などに蓄積されているため、利用には限りがありました。オリジナル発酵法により有効成分を低分子化し、かつ吸収性の高く、皮膚に対して働きが優れた黄色バラ花発酵液となっています。

マンダリンオレンジ果皮エキス

マンダリンオレンジ(日本では温州みかん)の陳皮(果皮を干したもの)で漢方薬の原料のひとつで、血流を改善する効果があります。美白作用の他、角質のキメ、ツヤを向上させるため皮膚コンディショニング、抗酸化などの効果のある成分です。

プルーン分解物

プルーンはビタミンAが多く抗酸化作用が高い成分です。メラニンができた後、ターンオーバーが遅いと色素沈着してしまいますが、それを防ぐ作用があります。

イザヨイバラエキス

イザヨイバラ果実より抽出したエキス。紫外線により傷ついた細胞から放出されるダメージ(炎症)を抑制することでシミ、シワ、たるみを防ぎ、肌老化から守ります。

オウゴン根エキス

オウゴン根エキスは美白成分として実績が多く、紫外線によりメラノサイトからメラニンが生成される前に分泌されるチロシナーゼという酵素を阻害することでメラニンを生成させない作用があります。 研究では137種類の植物抽出物中において、オウゴウ抽出物がメラニン産生を最も強力に抑制しました。

バラエキス

バラは抗炎症作用が高く、消炎やうがい薬に使われてきました。また、しわの予防・ニキビなど美肌にも利用されています。赤いバラはアントシアニンを含みチロシナーゼ活性を阻害することで美白・抗酸化作用があります。